電話

06-6210-3458

メール

shinsaibashi@kakureminoya.com

営業時間

火〜日: 11 AM - 7 :30PM最終受付

私たちの身体にある7つの宝石「チャクラ」

誰でも、健康で、幸せで平和な人生を送りたいと願います。いつも笑顔で愛にあふれ思い通りの人生を歩めたら…と
そして、そうなるように現代の人々は、何とか社会で成功しよう、安定した幸せな生活を維持しようと多大な努力をしますが
複雑な人間関係、情報化社会の中で、ストレスを抱え体や心の不調を訴えるかたも少なくありません。

一生懸命幸せを追い求めても、身体の健康を失ってしまえば幸せも平和も遠ざかってしまうでしょう。
身体と心と魂の健康、この3つが調和するときはじめて幸せで平穏な人生を営むことができます。

実は、身体と心と魂のエネルギーが調和し相互に作用するように助けるのが、私たちの身体にある7つの宝石「チャクラ」です。
チャクラはサンスクリット語で「車輪」を意味し、生命エネルギーが渦巻きながら7つのチャクラを中心に集まってくるため「車輪」と呼ばれたのでしょう。
東洋の「神仙道」ではチャクラを「丹田」とも表現します。

チャクラは身体と心と精神をつなぐエネルギーシステムをつかさどる中心点です。
身体の中心線上に図のように7つあるといわれています。

チャクラは身体と心と精神をつなぐと同時に、人間のスピリチュアルな成長とも深い関係があります
チャクラブレイン瞑想では、本来の自分と出会うための瞑想です。
チャクラを通して、あなた自身があなた自身の「人生の主」として光明な姿で歩めるようスピリチュアルな成長までサポートしています。

人間の脳は、全体の約10%だけが活動し、残りの90%は眠っているといわれています。残りの90%を目覚めさせていけば、本来の癒しの力が目覚め、習慣や性格や体質、思考が変化していきます。

脳を目覚めさせるスイッチが「チャクラ」です。

7つのチャクラは脳の特定の部位と繋がっており、電気に例えるとチャクラはスイッチ、気は電流、脳は電球に当たります。

あなた本来の内面にある創造性や潜在力を目覚めさせるためにチャクラを通して脳が目覚めるようにするのがチャクラブレイン瞑想です

 

位置 魂の完成過程 特徴 関連器官 異常症状
第7チャクラ(頭頂/百会) 神人合一 完璧な調和と統合 知恵 インスピレーション 中枢神経系 混沌  インスピレーション不足
第6チャクラ (印堂/上丹田) 神性が育つ場所 直観 洞察力 創造  松果体 脳下垂体 集中力不足 冷笑的
第5チャクラ(甲状腺) 魂の関門 コミュニケーション 真実 信頼 甲状腺 のど 表現不足 落胆
第4チャクラ(胸/中丹田) 良心 人間性 無条件の愛 胸腺 心肺 愛の抑圧 情緒的不安定
第3チャクラ(みぞおち/中脘) 肉体的な健康の完成 意志と力のコントロール 欲求の表現  胃腸 肝臓  意欲喪失 憤り 恐怖
第2チャクラ(下腹/ 下丹田) 身ごもり育てる場所 健康 楽しさ 情熱 認定欲 薄赤 生殖器 膀胱 貪欲さ 目的の喪失 混沌
第1チャクラ(会陰) 肉体の誕生 成功 忍耐 安定欲 濃赤 脊椎 骨 副腎 自己中心的 不安

 

チャクラブレイン瞑想のページに戻る